スポンサードリンク

Question

目上の方に対する「なるほど」は 使っていい言葉ですか。「なるほどですね」はさすがに使いませんが、「なるほど」もいけない気がするのですが。(K様)

Answer

「なるほど」は、相手の言うことに同意したり、納得したりする気持ちを表す言葉です。

ただ、それ自体に敬意は含まれておらず、ニュアンスが近い言葉を挙げるなら、「その通り」でしょうか。しかし、これでは相手に、「対等以上に立っているな」という印象を与えかねません。最近はやりの「上から目線」というやつですね。

しかも、「なるほど」は、「なるほど。しかし…」という具合に、相手の言うことを批判する前置きとして使われる場合もあります。なので、相手によっては、「こいつ何か含みがあるな」と思われてしまう可能性も。

本当に相手の話に感服しているのに、バカにしているのかと思われたり、痛くもない腹を探られたりしたのでは、たまったものではありませんよね。よって、目上の人に対する同意の表現として、「なるほど」はなるべく使わない方がいいと考えます。

ついつい「なるほど」が口をついて出てしまった場合は、「なるほど、ごもっともです」「なるほど、おっしゃる通りです」などのように、すぐ後に丁寧な同意の表現を付け加えるようにしてみてはいかがでしょうか?

ちなみに、ご指摘の通り「なるほどですね」は論外です。

相槌の「なるほど」は「感動詞」と呼ばれる品詞に分類される言葉です。同じグループに属する言葉には、「はい」「もしもし」「こんにちは」などがあるのですが、常識的な社会人と呼ばれる人が、これらの言葉に「ですね」を付けることはまずないかと。

「はいですね」

「もしもしですね」

「こんにちはですね」

自分で言ってみて、ちょっと頭がくらくらしてきます(笑)

もちろん、「なるほどですね」がある程度広まってしまった現在、これらと同じレベルでギョッとされることはないと思いますが、本来、そのぐらいおかしな日本語であるということは、認識しておく必要があると思います。

小秋

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます