スポンサードリンク

Question

接頭語の「御(お、ご)」の使い方についての質問です。ある本でこう書かれているのを読んだことがあります。たとえば、相手方の<提案>や<確認>といった動作には、「お」や「ご」をつけて「ご提案」「ご確認」と言うけれども、自分から相手方に向かっての<質問>や<依頼>といった動作には、「ご」をつけてはいけないのだと。

ただ、同じく自分から相手方に向かう動作であっても、<報告><説明><確認>については、相手を立てるために「ご」をつけるのが正しいんだそうです。このへんの理屈については、考えれば考えるほど頭が混乱してきてしまいます。何かすっきり理解できて間違えないいい方法はありませんか?(S様)

Answer

おっしゃる通り、自分の「質問」「依頼」「報告」「確認」「説明」に「ご」をつけるかどうかは悩むところですね。ここは国語の専門家の間でも意見が分かれるところだそうで、S様がお読みになった本の

  1. 「(自分の)質問」、「(自分からの)依頼」には「ご」をつけない
  2. 「ご報告」、「ご説明」、「ご確認」などは、自分から相手に向かう行為のため、相手を立てるために、「ご」をつける

という解説は一般的な説のひとつであると思われます。

この点、弊サイトでも、「説明」については自分から目上の相手に向かう行為のため「ご」をつけるという立場をとっています。「質問」「依頼」については、同じく相手に向かう行為ではありますが、「報告」「説明」のように相手に差し出して完結するものではなく、相手の行為を要求する行為なので、付けないのが一般的となっているのではないでしょうか。

しかし、やっぱり分かったような分からないような・・・という感は残りますよね。それに、とにかく自分のものに「ご」を付けることに対して違和感を憶える人が多いのも確かです。そこで、私はなるべく名詞の形ではなく、謙譲語という形で自分の「質問」「依頼」「報告」「確認」「説明」を表すことにしています。

「ご~申し上げる」「ご~いたす」という謙譲語の形にあてはめて、「ご質問申し上げます」「ご依頼申し上げます」「ご報告いたします」「ご確認いたします」「ご説明いたします」とするんですね。この場合の「ご」は謙譲語の一部だからOKというわけです。
以上、根本的な解決になっていなくて恐縮ですが、日常会話や文書作成の場面で何かのお役に立てましたら幸いです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます