スポンサードリンク

目上の人の「聞く」という動作については、尊敬語を使って「お聞きになる」「聞かれる」と表現するのが適切とされています。

例1「課長はお聞きになりましたか?」
例2「課長は聞かれましたか?」

なお、「お聞きになる」と「聞かれる」では、「お聞きになる」の方がていねいな表現です。「言う」の尊敬語「おっしゃる」「言われる」と同様、「聞く」についても、似たような表現なんだけれども、どちらがよりていねいかという違いがあるということです。

高:お聞きになる
低:聞かれる

次に、応用編。目上の人が私のために何かを「聞いてくれる」ことは、「お聞きくださる」「聞いてくださる」と表現します。

例1「課長、あの件について部長にお聞きくださいましたか?」
例2「課長、あの件について部長に聞いてくださいましたか?」

なお、目上の人に何か自分の言うことを聞いてもらいたくて「聞いてください」とお願いする場合は、「お聞きになってください」「お聞きください」と言います。

例1「どうか、お怒りにならないでお聞きになってください」
例2「どうか、お怒りにならないでお聞きください」

ここでひとつ重要なお話です。目上の人に何か自分の言うことを聞いてもらいたくて「聞いてください」とお願いする場合に、間違っても「お聞きしてください」と言ってはいけません!

実は、「お聞きしてください」のもとの形「お聞きする」は、目上の人の言うことを聞かせてもらうことを意味する謙譲語なんです。すなわち、「私の申し上げることをお聞きしてください」と言うと、「私の言うことをありがたく聞かせてもらいなさい」という意味になってしまうんですね(汗)

上司にこんなことを言って無事でいられる会社なんてそうそうないと思いませんか?「お聞きしてください」と「お聞きください」では全然意味が違うんだということについて、よくよくご理解の上、注意して用いるようにしてください。

また、目上の人に「聞いてください」とお願いするときに、「うかがってください」「拝聴してください」と言ってもいけません。「うかがう」も「拝聴する」も「聞く」の謙譲語ですから、さっきの「お聞きしてください」と言うのと同じように、無礼なヤツということになってしまいます。

さらに、「うかがう」「お聞きする」「拝聴する」は、目上の人から話を聞かせてもらったり、目上の人に関する情報について何か教えてもらったりするような場面で使います。

例1「お名前をうかがってもよろしいでしょうか?」
例2「お噂はかねがねお聞きしております。」
例3「お話を拝聴し、大変感動いたしました。」

ちなみに、「おうかがいする」という言い回しもよく聞かれますが、これは「うかがう」をさらにていねいにした表現だとご理解ください。

例「お話をおうかがいし、事情はよくわかりました。」

また、「うかがう」は「たずねる」の謙譲語として使われることもありますので、この使い方もおさえておくと便利でしょう。

例「ちょっとうかがいたいのですが、このあたりに銀行はありますか?」

スポンサードリンク