HOME > 「来る」を敬語に変換しよう

「来る」を敬語に変換しよう

「来る」を敬語に変換しよう

目上の人が「来る」ことを敬って表現する尊敬語は、「お見えになる」「おこしになる」「いらっしゃる」「来られる」と、4つもあります。先ほど「行く」の解説ページにも登場する「いらっしゃる」がここでも登場するのがポイントです。

例1「お客様がお見えになりました」
例2「お客様がおこしになりました」
例3「お客様がいらっしゃいました」
例4「お客様が来られました」

これら4つの表現の中でもっともあらたまった印象を与えるのは「お見えになる」。一方、もっとも敬意をあらわす度合いが低い表現は「来られる」です。

高:お見えになる
中:おこしになる、いらっしゃる
低:来られる

目上の人が自分のところに「来てくれる」ことを、「おこしくださる」「いらしてくださる」「来てくださる」と言います。

例1「本日はおこしくださいましてありがとうございます」
例2「こんなに早くいらしてくださるとは思いませんでした」
例3「課長が来てくださったら百人力ですよ」

また、目上の人に「来てください」とお願いする場合は、「おこしになってください」「おこしください」「いらしてください」と言います。

例1「お好きな時間に、おこしになってください」
例2「ありがとうございました。また、おこしくださいませ」
例3「ぜひ、一度拙宅に遊びにいらしてください」

「来る」に関する一番大きな注意点は、目上の人が自分のところへ来ることを言うときに、「参る」を使って「お客様が参られました」などと言ってはいけないということです。

誰かが「来る」ことを「参る」で表現できる場合もたしかにありますが、それはあくまで、自分の身内の人間が、来ることを表現するときだと理解しておきましょう。

「お客様、只今担当の者が参りますので、少々お待ちください」

* その他の敬語変換をチェック


サイト内検索

ビジネス英語も小秋式

小秋式!TOEIC900点突破大作戦
新しいサイトを見る

スポンサードリンク

ブログパーツ