HOME > 「見る」を敬語に変換しよう

「見る」を敬語に変換しよう

「見る」を敬語に変換しよう

「見る」の尊敬語は「ご覧になる」「見られる」です。「ご覧になる」や「見られる」は、目上の人が何かを「見る」ことを表現する場面で使います。

例1「課長は、あの映画をご覧になりましたか?」
例2「課長は、ゆうべの特番を見られましたか?」

なお、「ご覧になる」と「見られる」では、「ご覧になる」の方がよりていねいな表現です。

高:ご覧になる
低:見られる

では応用編。目上の人が「見てくれる」ことは、「ご覧くださる」「ご覧いただく」と表現します。

例1「先生、私の作品をご覧くださってありがとうございます」
例2「先生、私の作品をご覧いただきありがとうございます」

目上の人に「見てください」とお願いをする場合は、「ご覧ください」「ご覧になってください」となります。

例1「館内をご自由にご覧ください」
例2「館内をご自由にご覧になってください」

ここで注意事項。目上の人に何かを「見てください」とお願いをする場合に、間違っても「どうぞご自由に拝見なさってください」などと言わないようにしてください。

「拝見する」というのは、目上の人のものを自分が「つつしんで見せてもらう」場面で用いるべき「謙譲語」です。

「拝見なさってください」などというと、私のものを「つつしんで見てください」といった意味になってしまいます。これでは「何様?!」と怒られてしまうのは容易に想像できますよね?

「拝見する」を使うのは、自分が目上の人、例えば上司のものを見せてもらうときなどです。

例「部長が作品展にお出しになった写真を拝見しました」

「拝見する」では少しかたいな、と思う場合は、「見せていただく」でも結構です。相手との関係で、「拝見する」と「見せていただく」を使い分けることができるようになればしめたものです。

例「お庭を見せていただきましたが、お見事ですね」

* その他の敬語変換をチェック


サイト内検索

ビジネス英語も小秋式

小秋式!TOEIC900点突破大作戦
新しいサイトを見る

スポンサードリンク

ブログパーツ