スポンサードリンク

目上の人が「食べる」ことは、尊敬語「召し上がる」「お食べになる」「食べられる」を用いて表現するのが適切とされています。

例1「社長は意外に甘党で、毎日ドーナツを召し上がるらしい」
例2「先生は、毎朝納豆をお食べになるので健康だ。」
例3「角に新しくオープンした店の弁当、もう食べられました?」

なお、「召し上がる」は「飲む」の尊敬語としても使えます。

例「部長は、お酒を召し上がりますか?」

「召し上がる」「お食べになる」「食べられる」の中では、「召し上がる」がもっともていねいな印象を与えます。以下、「お食べになる」、「食べられる」の順にていねいさの度合いが下がっていきますので、これも相手によって使い分けができるよう、ニュアンスの違いを把握するようにしてくださいね。

高:召し上がる
中:お食べになる
低:食べられる

なお、目上の人に、「食べてください」とお願いするときは「お召し上がりください」「召し上がってください」「お食べください」」と言います。

例1「お早めにお召し上がりください」
例2「事務所の皆さんで召し上がってください」
例3「給湯室におみやげのお菓子がありますのでご自由にお食べください」

さて、ここで注意しなければならないことがあります。それは、目上の人が何かを「食べる」ことを、「いただく」を使って表現してはいけないということです。

「いただく」は目上の人からもらったものをありがたく食べるという意味の謙譲語です。「部長、海外旅行のおみやげのお菓子です。どうぞいただいてください。」などというと「ありがたく食べなさい」と言ったことになってします。

なお、「いただく」を使うのがふさわしい場面は、自分が目上の人から何かをごちそうになるとき、例えば、上司からなにかをごちそうしてもらって食べるときなどです。

「奥様の手料理をいただいて、感激いたしました」

なお、最近では、自分が「食べる」ことをていねいに表現するために「いただく」を使う場合もあります。

例「夏は、京都で川床料理をいただくのが楽しみなんです」

これは、グルメ雑誌などからはじまって一般的に広まってきた使い方ですが、間違いではないかと指摘する声も多くあります。あらたまった場面ではまだ使わない方が無難かも知れませんね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます