スポンサードリンク

さて、それでは敬語を使う相手に引き続き、敬語についてもう少し具体的な話に入っていきましょう。敬語と一口に言いますが、実は敬語は、そのはたらきによって大きく3種類に分類されます。

  1. 目上の人がすることや、目上の人のものや様子などをうやまって言う尊敬語(そんけいご)
  2. 目上の人に対して、自分がすることや自分のもの、また、自分が目上の人に何かをしてもらうことをへりくだって言う謙譲語(けんじょうご)
  3. ものごとをていねいに言う丁寧語(ていねいご)

以上の3つです。

従来型の敬語に関する解説ならば、ここから尊敬語、謙譲語、丁寧語の順になんとなく解説されていくことになるのでしょうが、このサイトではそういう方式は採りません。

実は、敬語がむずかしいといわれる理由のひとつに、尊敬語と謙譲語の区別がつきにくいということがあるのです。

通常、これらについては、1.尊敬語、2.謙譲語・・・というように別々の項目に分けられて、まず、「尊敬語で“言う”は“おっしゃる”といいます(例:部長はおっしゃった)」、「尊敬語で“食べる”は“めしあがる”です(例:部長はめしあがった)」などと、尊敬語についての説明がなされます。

その後、「では、次は謙譲語です。謙譲語で“言う”は“申し上げる”です(例:私は部長に申し上げた)」、「謙譲語で“食べる”は“いただく”です(例:私はいただいた)」などと展開することになるのですが、こうして形式的に並べただけで、尊敬語と謙譲語の区別がつくようになるものでしょうか?

こうした疑問があることから、当サイトでは、1.尊敬語、2.謙譲語という風には進行しないのです。

じゃあどうするのか?

このサイトでは、敬語全般を、「言う」「聞く」「見る」など<人の動作を表す敬語>と、<人の物や様子を表す敬語>の二つにスパッと分類してしまいます。

そして、<人の動作を表す敬語>と<人の物や様子を表す敬語>のそれぞれの中で、尊敬語と謙譲語、さらには丁寧語について横断的に比較しながら実践的な敬語表現について解説していきたいと思います。

それではさっそく始めましょう。敬語変換マニュアルより好みの項目をクリックしてご覧ください。

「言う」「聞く」「見る」「行く」「来る」「いる」「食べる」「与える/受け取る」「利用する」の各項目が<人の動作を表す敬語>、最後の一項目の「敬語の接頭語」が<人の物や様子を表す敬語>となっています。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます