スポンサードリンク

ただでさえ敬語を間違わないかとヒヤヒヤしがちな社外の人との電話でのやりとり。そこに第三者がからむと、さらに緊張の度合いはアップします。

いざというときに慌てないように、電話に出た他社の人に別の人への伝言をしたり、外部の人から自社の上司あてにかかってきた電話を受けたりするときの敬語のパターンを整理しておきましょう。

Category: メール・電話応対 #2

№1 取引先に電話して「○○さんはいますか?」とたずねる

№1 取引先に電話して「○○さんはいますか?」とたずねる

昨日、山本くんの退社後に、取引先の渡辺さんという人から電話があったらしい。メモを見て、こちらから電話をかけ、「タカラ物産の山本と申しますが、開発部の渡辺さんはおられますでしょうか?昨日、お電話をいただ…

№2 取引先の人に対して、「上司に伝えておく」と言う

№2 取引先の人に対して、「上司に伝えておく」と言う

取引先の人から、上司である西川課長に電話がかかってきた。でも、あいにく西川課長は離席中。電話の相手から、「折り返しお電話いただけますようお伝えください」と言われて池田さんは「恐れ入りますが、西川はただ…

№3 電話の相手に「担当に聞いてください」とお願いする

№3 電話の相手に「担当に聞いてください」とお願いする

山本くんと西川課長が別室でミーティング中、取引先の会社の人から山本くんあての電話がかかってきた。自分の担当外のことについて詳細を聞かれた池田さんは「その件につきましては、担当に直接うかがってください」…

№4 上司の家族に「上司に伝えておく」と言う

№4 上司の家族に「上司に伝えておく」と言う

上司である服部課長の外出中に総務課の岡田さんが電話をとったら、それは服部課長の奥様からの電話だった。岡田さんは「服部課長は外出なさっています。奥様からお電話があったと申し伝えておきます」と応対したのだ…

№5 取引先の人に「担当の方に伝えてください」とお願いする

№5 取引先の人に「担当の方に伝えてください」とお願いする

池田さんが取引先の会社に電話をして、担当の人を呼び出してもらおうとしたところ、その人は席を外していると言われた。そこで、「左様でございますか、では、お戻りになりましたら、タカラ物産の池田から電話があっ…

ノートパソコン

メール・電話応対での敬語の正しい使い方 #2 – 登場人物が複数の場合 –

ただでさえ敬語を間違わないかとヒヤヒヤしがちな社外の人との電話でのやりとり。そこに第三者がからむと、さらに緊張の度合いはアップします。

いざというときに慌てないように、電話に出た他社の人に別の人…

カテゴリの一覧 ≫

スポンサードリンク