HOME > メール・電話の敬語 その2 > * 2 取引先の人に対して、「上司に伝えておく」と言う

2 取引先の人に対して、「上司に伝えておく」と言う

2 取引先の人に対して、「上司に伝えておく」と言う

取引先の人から、上司である西川課長に電話がかかってきた。でも、あいにく西川課長は離席中。電話の相手から、「折り返しお電話いただけますようお伝えください」と言われて池田さんは「恐れ入りますが、西川はただいま席を外しております。西川には、折り返しご連絡するようにとお伝えしておきます」と。さて、はたしてこれは適切な敬語か?

犬山君 池田さんって、入社当時は「西川課長は席を外していらっしゃいます」なんて言っていたらしいんだけど、今はちゃんと「西川は席を外しております」って言っているよ。成長したんだねえ。
小秋先生 そうね。よその会社の人と話すときには、自分の会社の人間についてのことは謙譲語で言うってことが、わかってきたみたいね。でも、ひとつおかしなところがあるわよ。
犬山君 え、どこどこ?
小秋先生 「お伝えしておきます」これがダメ。
犬山君 えー、どうして?「お伝えする」は「伝える」の謙譲語でしょ?
小秋先生 そう。「部長にお伝えすることがあります」などと使うのよね。
犬山君 だったらOKじゃないの?だって、この場合「伝える」のは池田さんだよね。そして伝える相手は上司。自分が上司に何かを伝えるということを、謙譲語を使って「お伝えします」と言うのは問題ないと思うんだけど・・・
小秋先生 うん、上司と1対1で話している場面ならそれでいいんだけどね。「部長にお伝えすることがあります」という具合にね。ところが、今池田さんが話しているのは、よその会社の人でしょ?
犬山君 うん、そうだね。
小秋先生 よその会社の人との関係においては、上司といえども自分と同じに扱うのが原則なの。つまり、取引先の人の前で、自分の上司をていねいに扱うのはおかしいわけ。
犬山君 ふーん、そうなのかあ。じゃあ「西川には、折り返しご連絡するようにとお伝えします」はまずいよね。取引先の人の前で西川課長をていねいに扱っていることになってしまうよ。
小秋先生 そう、それは間接的に取引先の人のことを下げることでもあるので、失礼なのよ。
犬山君 わあー。実は僕、ペットショップで少し電話番のバイトをしていたことがあるんだけど、ずっとお客からの電話に対して「店長にお伝えしておきます」って言ってたよ。はずかしいなあ。でも、正しくは何ていえばいいんだろう。「伝えます」ではよくないしね。
小秋先生 そうね。電話の相手はよその会社の人だから、あらたまった言い方をする必要があるわ。そこで一般的に使われているのが「申し伝えておきます」なの。これなら上司を持ち上げることなく、社外の人に対しても失礼のない物言いができるわよ。
犬山君 あれ?でも「申す」も謙譲語でしょ。取引先の人と話しているときに、自分が上司に対してすることを謙譲語で言ってるところは、「お伝えします」と同じなんじゃないの?
小秋先生 それが大丈夫なのよねー。確かに「申す」は謙譲語だけど、「申し伝えます」の場合の「申す」には、「目上の人にいう」という意味はないとされているの。
犬山君 そうなのかー。何だかよくわからないけど、「申し伝えます」は「伝えます」のあらたまった言い方として使えるってことだね。
小秋先生 そうそう!外部の人から自分の身内への伝言を「伝えておきます」という場合は、「申し伝えます」と言う、というふうに覚えておくといいわよ。
犬山君 例えば、取引先の人から自分の上司や同僚への伝言を受けるような場合かな。今がまさにその場面だね。池田さんは、「西川には、折り返しご連絡するように申し伝えておきます」と言えばいいんだね!

* 他のエピソードを読む


サイト内検索

姉妹サイト

ビジネス英語の達人
ビジネス英語の達人

スポンサードリンク