スポンサードリンク

営業の王くんは、自社が主催するパーティー会場で、出席者のみなさんのお酒がとぎれていないか気をくばっている。取引銀行の松下さんのグラスが空になりそうだったので、すかさずビールをつぎに行き、「もう少しビールをお飲みになりたいですか?」と言った。すると松下さんはムッとした顔を。タイミングはカンペキだったのに、なぜ?

犬山くん

松下さんは手酌派なんだよ、きっと。おかわりを注ぐタイミングは自分で決めたいんだ。


小秋先生

意外にいけるクチの犬山くんならではの分析ね。確かにそうかもしれないけど、この場合は王くんの発言が問題なんじゃないかしら?


犬山くん

敬語がおかしいってこと?「お飲みになりたいですか」は、敬語として間違ってないよね?


小秋先生

ええ。目上の人が「飲む」ことをあらわす尊敬語「お飲みになる」をちゃんと使っているわ。敬語には問題ないわよ。


犬山くん

だとすると、問題は何なの?


小秋先生

そのあとの「たいですか?」が問題よ。これはマナーの話になってしまうんだけど、目上の人に対して「したいこと」を直接たずねるのは失礼とされているの。


犬山くん

へえー。じゃ、松下さんは、王くんが勝手にビールを注ごうとしたからではなく、「飲みたいか?」と聞かれたから、ムッとしたのかもしれないんだね。


小秋先生

ええ、もちろん目上の人みんなが不愉快に思うわけではないとは思うけど、「~したいですか?」という問いかけはしないほうが無難だということをおぼえておいてね。


犬山くん

じゃあ、目上の人に飲み物をすすめるときはどういえばいいの?


小秋先生

「お飲みになりませんか?」「召し上がりませんか?」が適切よ。


犬山くん

「もう少しビールをお飲みになりませんか?」「もう少しビールを召し上がりませんか?」だね。


小秋先生

そう、「ませんか?」と誘いかける表現にするのがポイントよ。あと、表現を変えて「○○をいかがですか?」ということもできるわ。


犬山くん

「もう少しビールはいかがですか?」だね。


小秋先生

そう!では、応用編、いってみましょうか。料理をすすめる場合はどうか、「お寿司」を例にやってみてくれる?


犬山くん

「お寿司はいかがですか?」だよね。あと、料理は「食べる」ものだから「食べる」の尊敬語「召し上がる」を使って「お寿司を召し上がりませんか?」とも言える。


小秋先生

正解!タバコの場合は?


犬山くん

簡単!「タバコをお吸いになりませんか?」「タバコはいかがですか?」だよ!これで接待の席も怖くないね。

スポンサードリンク