スポンサードリンク

「目上の人のすることや目上の人の物は尊敬語を使って表す」という敬語の原則はシンプルですが、ややこしいのは、誰が目上の人なのかが場面によって変わってくることです。

例えば、業務連絡などの場面で、課長と一対一で話す時には課長のすることは尊敬語で言えばいいのですが、そこに部長が加わったら?このカテゴリーでは、そんな登場人物が複数の場面での敬語の難問を解決していきます。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます