HOME > 接待の敬語 > * 2 目上の人に「評判を聞いています」と言う

2 目上の人に「評判を聞いています」と言う

2 目上の人に「評判を聞いています」と言う

タカラ物産主催のパーティーが始まった。人なつこい山本くんは、積極的に招待客の皆さんに話しかけている。今話しているのは取引先銀行の中田さん。中田さんがアメリカの大学でMBAを取得したという情報を、営業の曽根課長から聞いていた山本くんは、「中田さんは、アメリカの大学でMBAを取得なさったと、営業課長の曽根からおうかがいしましたが」と言うが、さて、その敬語は正しいのか?

犬山君 山本くんも成長したなあ。「MBAを取得された」ではなく「MBAを取得なさった」と、よりあらたまった尊敬語を使っているね。
小秋先生 そうね。でも後半はどう?どこかおかしなところはないかしら。
犬山君 自分が「聞いた」ということを謙譲語を使ってちゃんと「おうかがいしました」って言っているよね。あれ?でも、「聞く」の謙譲語は「うかがう」だよね。「おうかがいする」って何?
小秋先生 「おうかがいする」は「うかがう」を「お〜する」という謙譲語の形にあてはめたものよ。
犬山君 それじゃあ二重敬語だね。だから山本くんの言ってることはおかしいってこと?
小秋先生 そうではないの。「おうかがいする」は確かに二重敬語だけどね。すでに「聞く」の謙譲語として一般的に使われている言葉だから、問題ないわ。むしろ、単に「うかがう」とだけ言うと、ていねいさが欠けていると思われる場合もあるくらいでね。
犬山君 じゃあ、山本くんの発言に問題はないじゃない。
小秋先生 いや、それがあるのよね。この場面で自分の「聞く」を、謙譲語で言うのは適切じゃないの。
犬山君 えっ、目上の人と話しているのにどうして!?
小秋先生 「おうかがいしました」の前に「課長の曽根から」がついてるからよ。曽根課長は山本くんの会社の人だから、山本くんの身内でしょ。「課長の曽根からおうかがいしました」というと、お客である中田さんよりも、身内である曽根課長をていねいに扱ったことになってしまうのよ。
犬山君 そうかあ。じゃあ、同じく謙譲語の「お聞きする」もダメってことだね。
小秋先生 そうね。たとえば、「中田さんがMBAを取得した」ことを教えてくれたのが、中田さんの勤める銀行の伊藤さんだとしましょうか。そういう場合は、「中田さんがMBAを取得なさったと、伊藤様からおうかがいしました」「「中田さんがMBAを取得なさったと、伊藤様からお聞きしました」のように、「おうかがいしました」「お聞きしました」を使うのが適切なんだけど。
犬山君 教えてくれたのが身内の人だという場合は、どういえばいいの?
小秋先生 単に「聞いております」が正解よ。
犬山君 でも「中田さんは、アメリカの大学でMBAを取得なさったと、営業課長の曽根から聞いております」かあ。なんだかていねいさに欠けるような気がするんだけどなあ。
小秋先生 うん、敬語の使い方としては正しいんだけど、たしかにそうなのよねえ。そこでおすすめなのが今から言う方法。「営業課長の曽根から」をとってみて。
犬山君 「中田さんは、アメリカの大学でMBAを取得なさったと、おうかがいしました」。なるほど、これなら身内をていねいにあつかうことなく、ていねいな言葉使いをすることができるね。

* 他のエピソードを読む


サイト内検索

姉妹サイト

ビジネス英語の達人
ビジネス英語の達人

スポンサードリンク