スポンサードリンク

社外の人と一対一の場合

社外の人と電話で話したりメールでやりとりをしたりするときには、言葉がすべて。謙譲語と尊敬語を間違えたり、聞きかじりのおかしな日本語を使ったりして、「この人はバカなのだろうか?」と思われることは避けたいものです。

このカテゴリーでは、社外の人と電話やメールでやりとりをする際に間違えがちな敬語、日本語を集めてみました。「えっ? これ、使ってるよ。。」と驚く人は意外と多いかもしれませんね。

  1. 取引先の人に「来てください」とお願いする
  2. 取引先の人が「来る」際の案内をする
  3. 自分の「説明」「手紙」に「ご」「お」をつけていいか?
  4. 社外の人に「名前を教えてください」とお願いする
  5. 取引先の人に「分かりにくいと思うので迎えに行く」と言う

登場人物が複数の場合

ただでさえ敬語を間違わないかとヒヤヒヤしがちな社外の人との電話でのやりとり。そこに第三者がからむと、さらに緊張の度合いはアップします。

スポンサードリンク

いざというときに慌てないように、電話に出た他社の人に別の人への伝言をしたり、外部の人から自社の上司あてにかかってきた電話を受けたりするときの敬語のパターンを整理しておきましょう。

  1. 取引先に電話して「○○さんはいますか?」とたずねる
  2. 取引先の人に対して、「上司に伝えておく」と言う
  3. 電話の相手に「担当に聞いてください」とお願いする
  4. 上司の家族に「上司に伝えておく」と言う
  5. 取引先の人に「担当の方に伝えてください」とお願いする

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

この記事をみんなに教える