スポンサードリンク

立食式のパーティーで、同じテーブルについたお客さま同士の話がはずんでいる。気をきかせて料理と灰皿を取りに行った山本くん。しかし、戻る道すがら、「料理」は「お」をつけて「お料理」と言ったほうがいいのか、「タバコ」には「お」をつけて「おタバコ」と言った方がいいのかわからなくなってきた。さて「料理」「タバコ」?「お料理」「おタバコ」?

犬山くん

うーん、まず、「タバコ」だけど、さっき店長の中山さんは、お客さんに「おタバコはお吸いになりますか?」と言っていたなあ。でも、山本くんが「おタバコ」というと、なんだか違和感があるよ。


小秋先生

確かにそうね。


犬山くん

山本くんが男だからかなあ?


小秋先生

うーん、おそらく男女の区別がどうこうという問題ではないと思うわ。「おタバコ」は「タバコ」の丁寧な言い方なんだけど、あまり一般的ではなくて、主に接客業の人が使う言葉というイメージがあるの。中山さんが使っても違和感がないのは、店員として言っているからじゃないかしら。


犬山くん

なるほど。山本くんが男だから違和感じゃなくて、ビジネスマンとしてパーティーに参加してる場面で言うから、変な気がするのか。


小秋先生

そうね。山本くんが店員としてサービスするという立場にいたら、「おタバコ」といっても違和感はないと思うわよ。


犬山くん

同じものでも、どの立場の人が言うかによって「お」をつけるべきかどうか変わってくるんだなあ。じゃ、今日の山本くんの場合は「タバコをお吸いになりますか?」がいいんだね?


小秋先生

まあ、そうね。ただ、モノの名前に「お」をつけるかつけないかというのは、好みで決まる部分もあるから、これが正解!という基準はないのよねえ、実は。


犬山くん

うーん、はっきりしないなあ。


小秋先生

とりあえず、自分のモノにはつけないというのが基本ね。「ちょっとおタバコを吸ってまいります」は明らかに変でしょう?


犬山くん

なるほど!


小秋先生

モノが目上の人のもので、「お」をつけたほうがいいような気がする場合には、まず「お」をつけてみるといいわね。その上で、自分の表現したいイメージとズレがあったら外すというようにすればいいんじゃないかしら?


犬山くん

自分の表現したいイメージ?


小秋先生

たとえば「デキるビジネスマン」とか、「物腰やわらかな人」とか、つまり人にどう見られたいかということなんだけど。


犬山くん

なるほどなあ。「物腰やわらかな人」と見られたければ、「おタバコはお吸いになりますか?」と言うようにするとか、そういうことだね。


小秋先生

そうそう、そういうこと。では、次の「お料理」いってみましょうか。


犬山くん

うーん。「おタバコ」よりは一般的な気がする。ただ、自分が出す料理を「お料理」っていうのは、変な気がするんだよね。


小秋先生

料理を自分側のものととらえるのであれば、山本くんがつけるのも、店員の中山さんがつけるのもヘンってことになるわね。じゃあ、逆に出されたお客さんが「お料理」というのはどうかしら?


犬山くん

これはさっきの「おタバコ」と同じ好みの問題かなあ。物腰やわらかい印象を持ってもらおうと思ったら「けっこうなお料理をいただきまして」と言うとかね。


小秋先生

そうね。では、「お酒」はどうかしら?


犬山くん

これは出す側として言う場合にも、「お」をつけないとがさつな印象だな。「酒をもっと召し上がりますか?」なんていうのは、親しい上司なら通用しそうだけど、少なくともあらたまった場面ではつけたほうが無難じゃないかなあ。


小秋先生

そうね。「お酒」は「おタバコ」「お料理」にくらべて「お」をつけるのが一般的といえるわね。さて、他にビジネスシーンで「お」をつけても不自然でない言葉をいくつか挙げてみましょうか。まずは「茶」。「茶をください」って言わないわね。


犬山くん

なんだか武士みたいだな。通常「お茶をください」だよね。


小秋先生

あと「お湯」って言葉も定着してるわね。


犬山くん

「お車」「お薬」はどう?


小秋先生

そうねえ。秘書的な立場の人ならありでしょうね。


犬山くん

なるほどー。店員さんとか、秘書の人とか目上の人の面倒をみる立場の人だと「お」をつける幅が広がるんだねえ。

スポンサードリンク