スポンサードリンク

総務課の岡田さんが電話を取ったが、相手は誰への電話か言わず、名前も名乗らない。そこで、岡田さんは「お名前をちょうだいできますか?弊社のどなたにご用でしょうか。」とハキハキとたずねたのだが、それを聞いていた服部課長は渋い顔。どうして?

犬山くん

「お名前をちょうだい」っていう言い回しはよく聞くよね。服部課長は、何が気に入らないんだろう?


小秋先生

うーん。そうねえ。「ちょうだいする」の意味はわかるかしら?


犬山くん

自分が目上の相手から何かをもらったり受け取ったりすることを言う謙譲語だよね?「名刺をもらえますか?」を、「お名刺をちょうだいできますか」と言ったりするよね。


小秋先生

そう、「ちょうだいする」は「もらう」「受け取る」の謙譲語なのよね。そこで、ちょっと考えてほしいんだけど、「お名前をちょうだいする」を普通の文に直してみてくれないかしら?


犬山くん

うん。「名前をもらう」。あれっ?おかしいねえ。


小秋先生

でしょう?相手の名前は、聞いたりたずねたりするものではあっても、もらうものではないわよね。実は「お名前をちょうだいできますか」は、「お名前をお聞かせいただけますか?」と「お名刺をちょうだいできますか?」が合成されてできた、奇妙なビジネス用語なの。


犬山くん

へえー!そうなんだ!


小秋先生

そうなの。最近、すっかり広まってしまったけれど、本来は誤用なのよね。


犬山くん

知らなかったなあー。えーと、じゃあ岡田さんは、「聞かせてもらう」の謙譲語「お聞かせいただく」を使って「お名前をお聞かせいただけますか」って言わなければいけなかったんだね。


小秋先生

そうね、あと「聞く」の謙譲語「うかがう」「お聞きする」を使って「お名前をうかがってもよろしいですか?」「お名前をお聞きしてもよろしいですか?」としてもいいわね。それから、名前は「教えてもらう」ものでもあるから、「教える」の謙譲語を使った表現もできるわよ。


犬山くん

目上の人から「教えてもらう」ことは謙譲語で「お教えいただく」だね。「お名前をお教えいただけますか?」かな。ちょっと言いにくいなあ。


小秋先生

少し丁寧さは落ちるけど、謙譲語「教えていただく」という表現もあるから、それを使って「お名前を教えていただけますか?」というのもアリよ。


犬山くん

じゃあ「お名前を聞かせていただけますか?」もアリだね。たくさんあるなあ。


小秋先生

とりあえず、「お名前をお聞かせいただけますか?」をマスターしてしまうといいわよ。さて、岡田さんの発言には、もう2つ直したほうがいいところがあるんだけど、どこか分かる?


犬山くん

えーと、自分の会社のことを謙譲語で「弊社」っていうのはいいんだよね。「ご用でしょうか?」は、ちょっと雑な印象だねえ。


小秋先生

そうね。「ご用だ」というのは、目上の人の「用がある」状態を言う尊敬語だから、「ご用でしょうか」でも間違いはないんだけどね。「ご用でいらっしゃいますか?」といった方が、丁寧な印象を与えるわね。


犬山くん

なるほど「ご用でいらっしゃいますか?」だね。あと1つはどこだろう。わからないや。


小秋先生

「どなたにご用でしょうか?」の「どなた」よ。


犬山くん

えー、丁寧でいいじゃない。


小秋先生

それがダメなのよね。「どなた」っていうのは「誰」の尊敬語だから。


犬山くん

へえー!「どなた」は「誰」の尊敬語なのかあ。じゃあ、よその会社の人と話しているときに、自分の会社の人を指して使ってはいけないよね。


小秋先生

そうそう。外部の人と話しているときに、自分の身内について「誰」という場合は、そのまま「誰」もしくは「どの者」という表現をした方がいいわよ。


犬山くん

例えば、「当店の誰が対応しましたか?」ということは、「当店の誰が対応させていただきましたか?」「当店のどの者が対応させていただきましたか?」と言うんだね。


小秋先生

そう!さて、犬山くん、岡田さんの電話の応対を正しい表現にしたものを、通して言ってくれるかしら?


犬山くん

「お名前をお聞かせいただけますか?弊社の誰にご用でいらっしゃいますか?」 「お名前をうかがってもよろしいですか?弊社のどの者にご用でいらっしゃいますか?」などだね。


小秋先生

正解!あと、名前を聞かせてもらう前に「恐れ入りますが」という前置きをすると、さらに好感度があがるわよ。

スポンサードリンク