HOME > 接客の敬語 > * 3 お客様に「入会してください」とすすめる

3 お客様に「入会してください」とすすめる

3 お客様に「入会してください」とすすめる

中山さんが、お客さんにお店のポイントサービスの入会をすすめる手紙を書いたのだが、その手紙を読んだお客さんは首をかしげている。手紙の内容は「今なら、ご入会と同時に500ポイントを差し上げますので、ぜひこの機会にご入会してください」。さて、何がおかしいのだろう。

小秋先生 シーン21に引き続き中山さんの手紙の内容よ。ひとつだけおかしなところがあるけど、犬山くん、どこかわかる?
犬山君 えーと、相手はお客さんだから「入会」に「ご」をつけて「ご入会」と言っているところは適切だよね。あと、「ポイントをあげます」ということを「あげる」の尊敬語「差し上げる」と使って言っているところもOK。
小秋先生 そうね。その2点はOKだわ。
犬山君 あと、問題になりそうなのは・・・あ、「ご入会してください」が変だね。
小秋先生 正解!「ご入会してください」は「入会してください」に「ご」をつけただけのヘンな日本語なのよね。正しくなおしてみてくれるかしら?
犬山君 「入会する」の尊敬語「ご入会になる」を使って「ご入会になってください」かな?
小秋先生 うーん、それでも間違いではないけれど、あまり一般的な表現とは言えないわね。目上の人に「入会してください」とお願いするときは、「入会する」の尊敬語「ご入会くださる」を使って「ご入会ください」といいうのが一般的よ。
犬山君 なるほど、「ご入会ください」かあ。ヘンな日本語「ご入会してください」は「して」が余分だったんだね。
小秋先生 そうそう。目上の人に何かをしてくださいとお願いするときに、つい「ご〜してください」と言ってしまう人がけっこういるけど、正しくは「ご〜ください」なの。「して」はいらないとおぼえておいてね。
犬山君 そういえば、コンビニで「またご利用してください」って言われて、ん?なんかおかしいぞって思ったことがあるよ。尊敬語「ご利用くださる」を使って「ご利用ください」というのが適切なんだね。
小秋先生 そうそう。あと「ご登録してください」「ご活用してください」「ご乗車してください」などもヘンだから言わないようにね。
犬山君 正しくは「ご登録ください」「ご活用ください」「ご乗車ください」だね。「当サイトにご登録くださいますと、ポイントがたまります。」「この便利なカードをぜひご活用ください」「先のお客様から順にご乗車ください」という具合かな。
小秋先生 そうそう。他には、「呈示する」「記入する」「着席する」「試着する」なども要注意よ。
犬山君 うわあ、そんなにいっぺんに言われたらわかんなくなるよー。あ、でも待てよ。すべて漢字2文字の言葉に「する」をつけたものだね。
小秋先生 そう、そういう共通点があるのよね。「入会する」「利用する」など、漢字2文字+「する」であらわす動作を目上の人にお願いするときには、「ご〜してください」ではなく「ご〜ください」という形にする。「して」はいらないと憶えておいてね。
犬山君 漢字2文字+「する」を尊敬語にするときには「ご〜ください」という形にすればいいんだね。了解!

* 他のエピソードを読む


サイト内検索

消費税増税が不安なら

消費税増税(消費増税)
消費税増税の基礎知識

スポンサードリンク