スポンサードリンク
小秋小秋

目上の人にものをあげたり、その人からものをもらったり。そんな場面で重宝する、「与える」「受け取る」に関する動詞の敬語変換を、いっしょに勉強していきましょう。

目上の人から何かを「もらう」ことを敬語に変換すると?

「与える」「もらう」を敬語に変換してみましょう。目上の人が何かを「与えてくれる」ことを、尊敬語を使って「くださる」といいます。

例 「先生が、貴重なご本をくださった」

この営みを、立場を変えて自分側から見ると、「もらう」「受け取る」となりますが、これらを敬語に変換すると「いただく」となります。「いただく」は「食べる」の謙譲語であるだけでなく、「もらう」「受け取る」の謙譲語でもあるんですね。

例 「先生から、貴重なご本をいただいた」

「もらう」「受け取る」のさらに丁寧な表現としては、「賜る(たまわる)」「頂戴する(ちょうだいする)」もあります。

例1「先生から、貴重なご本を賜った」
例2「先生から、貴重なご本を頂戴した」

お客様や上司に「あげる」って言っていいの?

自分から目上の人に何かを与えることを、「差し上げる(さしあげる)」といいます。「あげる」は「与える」のあらたまった言い方ではありますが、目上の人に対して使うと失礼になりますので、気をつけてくださいね。

スポンサードリンク

例「珍しい本を見つけたので、先生に差し上げた」

反対に、目上の「受け取る」という行為を敬語に変換すると、どうなるでしょうか。「受け取る」の尊敬語は「お受け取りになる」です。

例 「窓口で書類をお受け取りになってください」

ただ、「お受け取りになる」は、この例のように事務的な場面では適切ですが、自分が選んだものを相手が「受け取ってくれる」という喜びのニュアンスをも表すには、適切ではないかもしれません。そのような場合は「受け取ってくれる」を敬語に変換した「受け取ってくださる」「お受け取りくださる」を使うとよいでしょう。

例1「先生は、私が見つけた本を受け取ってくださった」
例2「先生は、私が見つけた本をお受け取りくださった」

「与える」「受け取る」の敬語変換まとめ

  • 目上の人が自分に何かを与えてくれることを敬語で「くださる」と言う
  • 自分が「受け取る」「もらう」ことは「いただく」「頂戴する」「賜る」
  • 自分が目上の人に何かを与えることは、敬語で「差し上げる」
  • 目上の人に「あげる」と言ってはいけない
  • 「受け取る」の尊敬語は「お受け取りになる」
スポンサードリンク

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます