HOME > 「言う」を敬語に変換しよう

「言う」を敬語に変換しよう

「言う」を敬語に変換しよう

目上の人の「言う」という動作については、尊敬語を使って「おっしゃる」「言われる」と表現するのが適切とされています。

例1「課長のおっしゃるとおりです」
例2「課長の言われるとおりです」

それじゃあ、「おっしゃる」と「言われる」はどう使い分ければいいんだよ、という疑問が浮かんできた方もいらっしゃるかも知れませんが、ここはこう理解しておいてください。

「おっしゃる」と「言われる」では、「おっしゃる」の方がよりていねいな表現です。「おっしゃる」と言った方が、相手のことを高める度合いが高くなるんですね。

高:おっしゃる
低:言われる

では、次に応用編。目上の人が「言ってくれる」ことは「言ってくださる」「おっしゃってくださる」と表現します。

例1「課長が、部長に言ってくださったので助かりました」
例2「課長が、部長におっしゃってくださったので助かりました」

また、目上の人に「言ってください」とお願いする場合は「おっしゃってください」と言います。

例「準備をしておきますので、いつでもおっしゃってください」

ただここで一つだけ注意!時々耳にするなという方もいらっしゃるかも知れませんが、「言われてください」という言い方は不適切な敬語とされていますので、できる社会人を目指すあなたは絶対に使わないようにしてくださいね。

さて、では次は、自分や、自分のグループに属する人が、目上の人に「言う」ことを敬語でどう表現するかです。その場合は、謙譲語を使って「申す、申し上げる」と言います。

例1「私が先日課長に申したとおりです」
例2「御社の部長に、弊社の佐藤が申し上げたとおりです」

なお、「申す」には、このような謙譲語ではなく、「言う」を単にていねいに表現するだけという使い方もあります。この場合には、その言葉の向かう先が目上の人ではないときにも使えます。言いかえれば、「申す」は「申し上げる」に比べて中立的な表現なんだということですね。

例「総務課の山本と申します」

ただ、そうは言っても、目上の人が誰かに向かって何かを「言う」様子を、「申す」を使って表現することは失礼とされていますので要注意です!「課長の申されるとおりです」なんて絶対言わないように気をつけてくださいね。

* その他の敬語変換をチェック


サイト内検索

ビジネス英語も小秋式

小秋式!TOEIC900点突破大作戦
新しいサイトを見る

スポンサードリンク

ブログパーツ